土曜の昼にビール

食にまつわるエピソードをつづります♪ ブログ内で紹介する料理は、何かしら手作りのものを入れるのがこだわりです。

ぶりの照り焼きでほっとする

こんにちは、あさひです。

料理のレパートリーは?
と聞かれるといつも回答に詰まるけど、 
ぶりの照り焼きは数少ないひとつかもしれない。

たれを作って焼いたぶりにかけてさらに焼くだけだから。
焦がさないように気をつければいい。
f:id:asahi-nakano:20170903124016j:plain


香ばしい香りが食欲をそそる。


仕事の方は、カトリーナが辞めたあと、
新しく女性が入社したんだけど、
3週間ほどであっけなく辞めてしまった。

オリエンテーションが終わって、
今日からお客さんの前に出るという前の晩に、
社長宛に辞めますと言うメールが届き、そのまま出勤しないという事態に。

うちの職場は、マネージャーともうひとりのベテラン女性が仕切っているが、
彼女と組む予定だったベテラン女性は困っていた。
というか、サポートに入るマネージャーも結局大変になんだけど。


その辞めた新人女性(仮名 ニーナ)は、
人柄が良くて、美人で細身の体に日焼けした肌、
豊かな胸が魅力的だったから、
男性のお客さん受けも良さそう!? という
野暮だけど別な期待もあっただけに残念かもしれない。

ただ、あの谷間にヘソ出しルック(古い)で
お客さんの前に出るのもちょっとなぁと思っていたし、
私は、いつマネージャーは服装のことに触れるのか!?
とヒヤヒヤしていたから、
これはこれでホッとしている、というのもある。

結局、人探しは振り出しに戻り、
私は私でニーナが担当する予定だったお客さんたちに
再度謝罪をすることに。
これにはさすがにウンザリし、
カトリーナを予定より早く辞めさせ、
お客さんに最後のお別れをさせなかった
社長とマネージャーがうらめしかった(-.-;)

早く人が定着するのを願ってばかりだ。

なす炒めと待ちに待った夏休み

こんにちは。あさひです。


7月は頭痛続きだった。
頭痛で調子が悪いのが3日間×3回くらいあったから、
最後の一回は先輩女性に
「具合悪そうにするの辞めてくれるかなぁ?」と言われてしまった(||゜Д゜)

社会人として体調管理は必須。
今更ながらそんなことを注意される自分にウンザリする一方、
コントロールしにくい片頭痛に恐怖をおぼえ、
「次に具合が悪くなったら、辞めないといけないかもなぁ」
なんて本気で覚悟とかもする。

それに人間関係も注意が必要だ。
前から感じてたけど、厳しいマネージャーより、
この、若干心配性と親切と神経質が混ざった
お局さん(あ、言っちゃった)、
いや、ベテラン女性のほうが曲者かもしれない。

だってこのお局さん、カトリーナの大ざっぱぶりを非難する割に、
実家では片付けできないそうなんだもん。
私もこのお局さんの感覚はわかるんだけど……。

自分が片付け始めたら他人の粗も気になっちゃうよね。
でも、これぞ人の振り見て我が振り直せ。
他人にあれこれ言う前に自分が片付けを極めなきゃだわ。


写真は麻婆茄子🍆風。
f:id:asahi-nakano:20170813014050j:plain
ストレスが貯まったときこそ、料理に集中して精神を落ち着かせたい。
もちろん忙しいときには無理して手作りしないけど。


そして今、ようやく実家で夏休みを満喫している。
やはり実家で食べるごはんはおいしい。
昨日はお昼にナポリタンを作ったら、母が
「ひとが作ったごはんはおいしい」
と言っていた。
作ってもらったものを食べるって癒やしになるよね。

あちらにいたら仕事のことばかり考えそうで、実家に帰ってきた。
はじめは職場のことを思い出してモヤモヤしていたけれど、
今、だいぶ癒やされているのはおいしいごはんのおかげも大きいかも。

お好み焼きと悩み深き夜

こんばんは。あさひです。

写真は先日作ったお好み焼き。
キムチとチーズをトッピングしました。

f:id:asahi-nakano:20170730202053j:plain

ガスが調子悪かったときに買ったカセットコンロが、
冬のお鍋だけでなく、こんな料理にも役立っています。


確かこの日も仕事の悩みを抱えていたっけ……。

転職して3か月が過ぎたけど、ここ1か月ちょっとは悩み続き。
悩みで悩みを消す、みたいな悩みのオンパレードね。


つい最近もショックな出来事が。
今の職場は外国人職員と日本人職員がともに働き、英語を使うところで、
グローバルと言えば聞こえはいいけれど、
小さな職場なんです。

最近ある職員(仮にカトリーナとしよう)が辞めることになったんだけど、
ニコニコ笑っていたその人をはじめ外国人職員たちの間で人間関係のゴタゴタがあったらしいの。

私の前では優しくて、いつも親切だったカトリーナ
仕事で手に負えないことには助け船を出してくれた。
だけど彼女がトラブルメーカーだったと上司たちから報告を受けた私。

それまで彼女の退社を知って涙ぐんでいた私に、日本人上司たちが冷ややかだった理由がわかった。


でも、彼女私には良くしてくれたんだもの。
正式な退社まであと何度か出勤するそうだけど、
どんな風に接すればいいのかわからない。

きっと当たり障りなく接するんだろうけど。

ショックだったし、彼女の起こしたトラブルは悔やむべきものだけど、
職場で迷惑をかけているのは私も一緒ではないか?


人の振り見て我が振り直せじゃないけれど、
転職して3か月。
続けても辞めてもはじめのフラットな態度と感覚の自分に戻ろうと思った。

それから、人間関係のゴタゴタには(感情的に)巻き込まれたくないもんだわ……(-ω-;)